WindowsにLinuxディストリを導入したという話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WindowsにLinuxディストリを導入したという話

Windows PowerShellもいいけど、もっと気軽にコマンドラインでファイルを操作したい派に便利なのが、Windows Subsystem for Linux(WSL)。Linuxを使いたければMacを使えと言われそうですが、WSLはWindowsとLinuxの「いいとこ取り」ということで、利用しない手はありません。

WSLを有効にする

Windows PowerShellを管理者として起動してからコンソール画面で以下のコマンドを実行し、WSLを有効にします(再起動が必要)。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

Linuxディストリビューションをインストールする

ディストリビューションとして、シンプルにUbuntuを導入することにします。Microsoft Storeの検索窓でWSLを検索すれば、Ubuntuが出てきます。

検索窓にWSLと入力するとUbuntuが候補に出てきました…

WSLのインストール


[入手]をクリックしてインストール!

WSLのインストール


あっという間に終わります。

WSLのインストール

Ubuntuを設定する

インストールしたばかりのUbuntuを起動するとコマンドプロンプト(のようなもの)が起動します。初回はインストールが行なわれるので少し待ちます。

インストールが完了するとUbuntuのアカウントを作成するため、ユーザ名とパスワードが求められるので、画面の指示に従って入力します。ここで作成するアカウントはWindows 10で使用しているユーザ名やパスワードと同じものにする必要はないので、わかりやすく「ubuntu」としました。パスワードは秘密。笑

Ubuntuの設定


これでUbuntuを使用できるようになりました。

Ubuntuの設定


以降はスタートメニューから起動できますし、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行して起動することもできます。

wsl -d Ubuntu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

1 × three =